ウォークスルー型の顔認証改札機がOsaka Metroに採用(髙見沢サイバネティックス/パナソニック コネクト)

2023年3月8日13:45

髙見沢サイバネティックスとパナソニック コネクトは、ウォークスルー型の顔認証改札機を開発し、大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)が2024年度末までに全駅に導入する予定であると発表した。パナソニック コネクトの顔認証技術、高見沢サイバネティックスが開発した改札機を組み合わせた。

顔認証改札機イメージ(入場側)(髙見沢サイバネティックス/パナソニック コネクト)

これまで両社は、Osaka Metroの都市型MaaS構想「e METRO」の取り組みの一環として、2019年より「顔認証を用いた次世代改札機」の実証実験に参加してきた。大国町駅をはじめとする一部の駅で、Osaka Metro社員や車いすを使用した人に向けた実証実験を継続し、実験中に得たデータや知見をもとに改良を重ねた結果、このほど2025年の大阪・関西万博に向けて新たな技術の導入で「圧倒的に便利な改札」の実現を目指すOsaka Metroにより、「ウォークスルー型顔認証改札機」として採用されることとなった。

利用者は、事前にOsaka MetroのMaaSアプリである「『e METRO』アプリ」を通じて本人の顔画像を登録し、使用する乗車券と本人の情報を紐づけておくことにより、カード等の媒体を要することなく、改札を通過することができるようになる。改札機の機能としては、改札通過時に、顔照合によって利用者および乗車券情報の特定を行い、上位サーバに乗車券と処理機器の情報を伝送することにより、利用者が所有する通行権利を判定・応答する。また、デザインでは、入場側・出場側のデザインを非対称とすることにより、利用者を「迎え入れる」、「送り出す」というおもてなしをイメージした演出を施していることに加え、顔認証の精度を上げるため照明の付いたアーチを設けるとともに、扉部分には透明なクリスタル調の素材を用い、通路案内を行うイルミネーションを採用している。

なお、2025年に開催される2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の実施に間に合う形で導入が進む予定だ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

シームレスなBtoB決済を実現!インフキュリオンの請求書支払いプラットフォーム(インフキュリオン)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP