東京シティ競馬、大井競馬場での勝馬投票券購入にQRコード決済を初導入 現金投票端末におけるQRコード決済導入は公営競技初

2024年4月2日8:30

東京シティ競馬(TCK)では、大井競馬場内の現金投票端末にQRコード決済機能を追加し、2023年12月4日から「PayPay」でのキャッシュレス決済にて勝馬投票券を購入できるようになった。現金投票端末におけるQRコード決済導入は公営競技初だ。

20~30代でキャッシュレス化求める声
アンケートでもニーズが高いPayPay導入

これまで、大井競馬場での勝馬投票券購入は現金のみ(G-FRONT指定席等での現金チャージ式キャッシュレス投票を除く)となっていたが、キャッシュレス決済の普及状況を踏まえお客様の利便性向上を図るため、競馬場内の現金投票端末(一部)にQRコード決済機能を追加した。

利用時には対応端末で操作画面右下にある「PayPay」ボタンを押す

TCKがQRコード決済を導入した背景として、「キャッシュレス化がひろく普及するようになり、競馬場においても現金以外の決済手段を提供することにより、お客様の利便性向上を図ることを目的としています。また公営競技では初導入(インターネット投票を除く)となるため、話題となることによる売上増も期待しているところです」と説明する。

「QRをかざして下さい」の画面が表示されたら端末左側のQRリーダーにQRコードをかざす

利用者のアンケートでは20代~30代を中心にキャッシュレス決済を求める声が多くなっているそうだ。PayPayを導入した理由として、「国内のQRコード決済市場において約3分の2のシェアを占めていること、またお客様アンケートでもニーズが高かったため」だという。また、リリース後からSNSを中心に反響が大きく、導入後も利用者には喜んでもらっていると感じているそうだ。

なお、勝馬投票券のキャッシュレスに関する規制については、ギャンブル等依存症対策の観点からクレジットカードの使用を制限(残高からのみ購入可能)しているほか、利用限度額も設定できるようにしているそうだ。

キャッシュレス対応の機器面での対応として、現金投票端末機にQR読み取り機能を搭載する改修を行った。

今後については、「お客様の利用状況や反応を見ながらとなりますが、利用可能な投票所を増やすことや他の決済手段の追加などが考えられます」とした。

 

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP