スマホ決済の利用状況は約2割、セキュリティやスマホの紛失・故障に不安も(KDDI)

2017年7月4日21:38

KDDIは、「スマホ決済利用意向調査」を実施し、その結果を2017年7月4日に発表した。同調査は、ウェブにより、6月16日~6月19日まで実施。15歳~59歳のスマートフォン所有者を対象に実施し、男女比は半々、有効サンプル数2,060となっている。

同調査の結果、2割がスマホ決済を利用していることがわかった。スマホ決済の利用理由は、「会計がスムーズだから」(23.4%) が最も高く、「ポイントが付くから」(22.2%)、「財布を持たなくて済むから」(15.0%) と続いた。また、9割がスマホ決済を「継続利用する」と答えており、スマホ決済への満足度が高いことがわかったという。

スマホ決済の利用意向理由(KDDI)

さらに、約半数が「将来的にスマホ決済を使う」と回答。特に「10代」(53.8%) が最も高く、続いて「20代」(42.2%) と、若年層がスマホ決済に積極的であることがわかった。

利用箇所として、10代では、「ライブ・コンサート会場」(27.0%)、「フリマ」(25.4%)、20代では、「音楽フェス」(27.1%)、「観光地」(25.9%) などアクティブシーンでの利用に利便性を感じている結果となった。一方、40~50代はアクティブな項目よりも「百貨店・デパート」や「家電量販店」など日常のシーンで主に使っていることがわかった。

スマホ決済の利用意向理由として、10~20代は「会計がスムーズ」「財布を持たずに済む」が多く、一方、40~50代は「ポイントが付くから」が主な理由となっており、年代によって、目的が違うことがわかった。

そのほか、現在スマホ決済を利用していない人の理由は、「セキュリティ」「スマホの紛失・故障」に不安を感じているためだということがわかった。10代は「クレジットカードを持っていないから」が多かったそうだ。

現在スマホ決済を利用していない理由(KDDI)

 

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP