bitFlyer、ビットコインを円建てでチャージができるVisaプリペイドカード

2018年4月6日8:10

仮想通貨・ブロックチェーン企業であるbitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインを使って円建てチャージができる「bitFlyer VISAプリペイドカード」を、2017年10月6日より発行している。同カードは、オリエントコーポレーションとカンムが提携して発行するVisaプリペイドカード「バンドルカード(Vandle)」を自社ブランドカードとして発行するものだ。

 

bitFlyerでは、「日常生活において簡単にビットコインを円建てでチャージができるプリペイドカードを発行し、新たな顧客層の開拓と決済に関しての利便性を向上させたいと考えております。ビットコインで決済できる店舗は世界的に拡大してはいるものの、まだまだ黎明期にあります。一方、本サービスの利用によって世界中のVisa加盟店で決済ができますので、国内カード利用者にとどまらず海外旅行者などの利用ニーズがあると思っております」と説明する。

なお、2017年12月時点でのbitFlyerの利用者は100万人強、月間のビットコイン取引は9.5兆円となっている。導入店舗の状況として、2017年4月から11月の間に、月間決済金額が+446%と急激に伸びているとした。

カード決済&セキュリティの強化書2018

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP