世界の鉄道で国際ブランドのカードをかざしてIC乗車できる事例が増加

2019年12月27日9:00

日本の鉄道では、SuicaやPASMOといったFeliCaベースのICカードが定着しているが、海外では、VisaやMastercardといったコンタクトレスペイメント機能が付いたオープンループのペイメントカードがIC乗車券として利用されるケースが増えている。これにより、EMVコンタクトレスカードの利用者は、自国で利用しているクレジットカード等を利用して鉄道乗車が可能だ。記者が2019年に訪問した、英国・ロンドン、イタリア・ミラノ、シンガポールで実際に鉄道乗車を体験した。

Oysterカードが普及していた英国・ロンドンでは、ロンドン交通局(Transport for London:TfL)の推進により、地下鉄やバスでのオープンループの利用が2012年から順次スタートしている。現在は、Apple Payなどモバイルペイメントの利用も可能となっている。

ロンドンの地下鉄(筆者撮影)

 

ミラノでは、Azienda Trasporti Milanesi(ATM)が、Visa、Mastercard、Maestro、VPayを使用して、地下鉄で乗車できるサービスを2018年からスタートしている。現在は各地下鉄の駅の一部の改札(オレンジの改札口)で利用できる。なお、ミラノでは観光客向けにバーコードをかざして地下鉄等に乗車できるサービスも提供していた(チケットはWebで購入可能)。

ミラノの地下鉄(筆者撮影)
ミラノの地下鉄での案内(筆者撮影)

シンガポールでは、シンガポール陸上交通庁(LTA)により、VisaやMastercardといったカードで鉄道乗車できるサービスが2019年4月からスタートしている。

シンガポールの地下鉄(筆者撮影)

いずれのエリアでもかざすだけで問題なく地下鉄に乗車でき、券売機で乗車券を購入するといったストレスはなかった。ただ、スピードを意識した日本のSuicaなどに比べ、処理の時間はやや必要となる。

なお、Thalesグループのジェムアルト(Gemalto)によると、世界中でオープンループのペイメントカードがIC乗車券として利用されるケースが増えているそうだ。

Thalesが9月25日に開催したEMVテクノロジーの説明資料。世界中でオープンループの採用が広がっている

関連記事

ペイメントニュース最新情報

ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

シームレスなBtoB決済を実現!インフキュリオンの請求書支払いプラットフォーム(インフキュリオン)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP