国際送金のリップル、低額・高頻度の送金など日本での大きな成長を見込む

2020年8月19日8:54

国際送金ネットワーク「RippleNet」を提供するRipple (リップル)は、2020年8月18日に、日本における事業戦略を紹介する説明会をオンラインで開催した。同説明会では、リップル 国際事業部門シニアディレクターの吉川絵美氏が同社事業、およびサービス概要、国内における事業展開の現状と戦略について紹介した。

リップル 国際事業部門シニアディレクターの吉川絵美氏

依然として国際送金は非効率?
RippleNetはシングルステップでリアルタイム取引が可能

リップルは2012年に創業した会社で、本社と開発拠点はサンフランシスコにある。現在は、世界に9つの拠点があり、日本ではSBIホールディングスとの合弁会社であるSBI Ripple Asiaを中心に展開している。国際送金のネットワーク「RippleNet」を開発し、300以上の金融機関が採用している。

リップルは、お金(価値)を自由に行き来できる世界を実現する「Internet of Value (価値のインターネット)」というビジョンを掲げている。ブロックチェーンの応用範囲は広いが、すべてのやりとりは価値のやり取りに行き着くとし、そのや取りの問題が解決されない限りは、ブロックチェーンも普及しないとした。

日本ではXPRがリップルと呼ばれることもあるが、リップルはブロックチェーンを活用して、国際送金の仕組みを金融機関を提供するBtoBのソフトウェア企業であり、暗号資産であるXRPを活用しているとした。また、リップルのエンジニアは、オープンソースプロジェクトの「XRP ledger」の継続的な改善のための開発に関与している。

現在、国境を超えた人の動きが活発している。移民の人口の年間成長率は9%となり、またビジネスにおいても国際送金は大企業がほとんどだったが、先進国の3分の1以上が海外とのやり取りを行っている。個人レベルのビジネスでも海外とのやりとりが当たり前になってきた。年間レミタンス送金総額は6,000億円にも及ぶ。中でも個人や中小企業の送金が増えており、過去30年間の送金額は13倍に膨れ上がっている。しかし、国際送金は非効率だとした。1つはスピードの問題があり、3~5日を要することだ。また、コストも高く、手数料だけで5,000円程かかり、為替の問題もある。さらに、国際送金の6%と言われる高いエラー率、コストの不確実性もある。

なかでも途上国の移民は、200ドルを送ると14ドルのコストが平均でかかる。レミタンス送金のコスト総額は、300億円に上ると言われている。また、銀行経由のコストをみると、日本は南アフリカに次いで高い数字となっている。

実際、従来の国際送金の仕組みは数十年前に作られたものだ。国際送金はコルレス銀行を通してSWIFTでやり取りを行う。間にコルレス銀行の中継が入るが、それぞれの中継プロセスで時間がかかる。また、送金実行前に総コストを確認することができない不確証性もあるとした。

この問題をブロックチェーンの仕組みを使って解決するのがRippleNetだ。送金と受け取り側の銀行をダイレクトにつなぎ、シングルステップでリアルタイムな取引が可能だ。スピードに加え、決済リスクの最小化、送金手数料をあらかじめ開示できる点も強みとなる。

RippleNetで共通APIに統合
オンデマンド流動性(ODL)によりさらなる効率化へ

また、送金業界では、銀行、ブロックチェーン、Alipayのような送金アプリ、PayPalなどのウォレットなど、数多くのネットワークがある。それぞれのネットワーク同士であれば問題ないが、異なった場合の相互運用性がないことが問題であるとした。RippleNetでは、インターレジャーのプロトコルによって、異なる台帳をつなぐことができる。共通APIにより、例えば米国からフィリピンに送金する場合、RippleNetのAPIで送金し、リアルタイムで双方向のメッセージングによるリアルタイム決済ができる。さらに、送金の最適化のために、オンデマンド流動性(ODL)の仕組みを提供している。暗号資産(XRP)をブリッジ通貨として活用することで、オンデマンドで返金されて、着金が行われる。ODLは、欧米からフィリピン、メキシコなどの経路ですでにローンチされており、今後日本を含めて拡大していきたいとした。

XRPを使う理由は送金、決済に最適な特性を兼ね備えているからだという。特に送金においては決済にかかる時間やスピードが短くなる。例えば、Bitcoin(ビットコイン)は平均10分、場合によっては1時間必要だが、XRPは3秒で終わり、1件あたりの手数料は0.0002ドルとなっている。また、ビットコインは1秒27件だが、1,500件の処理が可能だ。マイニングと違ったアルゴリズムを使うため、エネルギー消費量が微小であることも特徴であるとした。

グローバルでの事業戦略として、国際送金の分野は大きな市場だが、企業、マーケットプレイスの送金など、低額、高頻度にフォーカスしている。また、金融機関のインフラパートナーとして金融機関を支援している。そのうえで、幅広いネットワークをつくるのは既存の金融機関との提携が必要だとした。さらに、ODLの普及に注力。多くの市場に広げるためには、規制当局との連携が必要だが、ソリューションのインフラとして暗号資産取引所との接続連携、XRPの連動性向上もマーケットのプレイヤーと協力して進めている。

日本は今後数年が勝負
Money TapのAPIでPayPay、LINE Payとチャージ連携

日本の国際送金のニーズとして、低額・高頻度の送金が増えている。少子高齢化による外国人の労働者の増加に加え、入管法改正によって、より外国人労働者が増加する環境が整ってきた。また、海外への業務アウトソースが増加していること、個人、もしくは中小企業の越境eコマースの拡大もプラスの要因だとした。これに加え、現在はコロナ禍で停滞しているものの、外国人旅行客数も成長する分野で国際送金につながるとした。

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP