千葉銀行が地域のキャッシュレス加盟店を開拓、10月からはVisaデビットも発行

2020年9月9日8:00

千葉銀行は、地域におけるキャッシュレス決済の促進に向け、「TSUBASA キャッシュレス決済プラットフォーム」を構築し、 2019年10月から、地域の事業者に「TSUBASA ちばぎんキャッシュレス加盟店サービス」の提供を開始。2020年10月には、ビザ・ワールドワイド(Visa)と提携し、Visaデビットカード「TSUBASA ちばぎんVisaデビットカード」を発行する予定だ。

加盟店サービスではVisa/Mastercardのライセンスを取得
Visaデビット提供に向けてプロセッシングシステムを内製化

千葉銀行が「TSUBASA キャッシュレス決済プラットフォーム」構築に至った背景として、キャッシュレス決済市場は政府の後押しもあり、従来のクレジット、デビットカードに加えて、QR決済、インバウンド向けの決済など、足元も増加しており、今後も成長が見込めると考えた。また、「TSUBASA ちばぎんキャッシュレス加盟店サービス」の提供開始の前からキャッシュレス決済に関する相談が増えており、その際も多様な決済手段に対して一台で対応可能なマルチ決済端末を求める声があった。また、通常カード会社は月2回の精算が主体だが、それを短くできないかという要望も受けていた。さらに、銀行本体でサービスを展開できるシステムベンダーが存在したことも大きい。

加盟店サービスでは、VisaとMastercardのプリンシパルのライセンスを同行が自ら取得している。インバウンド決済では、AlipayとWeChat Payとも直接契約。また、主要な電子マネー、「Visaのタッチ決済」や「Mastercardコンタクトレス」にも対応している。国内企業が提供するQR決済の導入も検討中だ。

「TSUBASA ちばぎんVisaデビットカード」の提供に向けては、プロセッシングシステムを内製化できたことも大きかった。

千葉銀行 カード事業部 企画グループ 副部長 葛城康喜氏は「銀行としてサービスを提供する価値はあると考えました。加盟店のお客様は普段から取引があるケースも多く、日頃のリレーションを生かすことができます」と説明する。また、Visaデビットを発行することで、利用者のキャッシュレス化のニーズに対応することもできる。

千葉銀行 カード事業部 企画グループ 副部長 葛城康喜氏

自治体との連携や法人間取引等も進める
2024年3月末までには2万店舗の契約を目指す

単純にお店に端末を設置するだけではなく、従来できなかったサービスを提供できる点も大きい。葛城氏は「例えば、自治体とキャッシュレス決済で提携する、券売機や自動精算機との連携、法人間取引などを進めています」と話す。同行では、すでに地域に根差した展開を進めており、顧客の顔が見えているため、きめ細かいニーズに対応できるとした。

これまでの実績として、約半年のアクワイアリング(加盟店開拓)で2020 年3月末には約3,000店舗と契約した。2024年3月末までには2万店舗の契約を目指している。現状は中小規模の加盟店との契約が中心だが、POS接続先も含めて開拓の余地はあると考えている。千葉銀行と取引がなかった加盟店も契約しており、地域加盟店との関係強化につながっている。

現在、決済端末は加盟店に原則無償で提供している。加盟店手数料は、キャッシュレス・消費者還元事業の終了後は、加盟店の規模・業種に応じて設定している。また、電子マネーを取り扱う場合、月550円の手数料が必要だ。

店舗に設置する決済端末はクレジットカード、電子マネー、インバウンド決済といったマルチ決済に対応

2023年度までに1兆円の取り扱いを目指す
他行とシステムの共同利用も検討

パートナーとの連携として、決済センターはアイティフォーの「iRITSpay(アイ・リッツペイ)センター」、加盟店管理はインテリジェント ウェイブの「IOASIS(アイオアシス)」、電子マネー決済はTFペイメントサービスのクラウド型電子マネー決済プラットフォーム「Thincacloud(シンカクラウド)」を採用している。

加盟店事業では、昨年度グループで3,000億円だったが、2023年度までに1兆円規模の取り扱いを目指している。さらに、TSUBASAアライアンスにおいて「TSUBASAキャッシュレス決済プラットフォーム」を活用できれば、サービス導入行のコストを抑制できると期待する。「今後もサービスを進化させるうえで投資は必要となりますが、システムや業務も類似しており、共通化できる部分は一緒にやりたいですね」と葛城氏は語った。

Visaデビットにはタッチ決済機能も搭載
年間12万枚の発行を目指す

千葉銀行では、2014年10月からJCBデビット「 ちばぎんスーパーカード〈デビット〉」を発行していたが、今後は年会費無料のVisaデビット「TSUBASA ちばぎんVisaデビットカード」を発行する。同カードは、世界中の Visa 加盟店やインターネットでの買い物に利用できる。支払いは口座から即引落しとなるため、使いすぎの心配がないほか、利用の都度明細をメールで通知する「メール通知機能」や、利用金額に応じてさまざまな特典が得られる「TSUBASA ポイント」などを搭載予定だ。

年会費無料のVisaデビット「TSUBASA ちばぎんVisaデビットカード」

同カードには、「Visaのタッチ決済」機能を付帯する予定であり、「Visaのタッチ決済に対応した端末は普及し始めたばかりですので、これから県内でも利用できるところを増やしていきたいですね」と葛城氏は意気込む。

まずは、年間12万枚の発行を目指しているが、今後の展開として「Google Pay等との接続など、世の中のニーズを見て提供していきたいです」と構想を口にする。

カード発行と加盟店開拓を両輪で展開
データを活用したサービスも視野に

千葉銀行ではこれからも、加盟店、およびカード利用者のニーズにきめ細かく応えていく方針だ。例えば、加盟店はWebで取引状況を閲覧できるが、口座情報の提供も検討している。また、融資、AI(人工知能)など、データを活用したサービスも進めていきたいとした。カード会員に対してはアプリと連携したサービスで、クーポンの配信を受けられたり、チラシ機能など、加盟店の情報をカード会員が閲覧できる仕掛けにしていけると地域で利用が増えると相乗効果が生まれると考える。

葛城氏は最後に、「サービスを充実させてご利用いただけるお客様の数を増やしていきたいですね」と語り、笑顔を見せた。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP