「CEATEC 2020 ONLINE」が本日から開催、20万人の来場を目指す

2020年10月20日8:37

CEATEC 実施協議会は、2020年10月20日~23日、「CEATEC 2020 ONLINE(シーテック 2020 オンライン)」を開催する。「CEATEC」はこれまでリアルで開催されてきたが、今年は新型コロナウィルス感染拡大を受け、オンラインで行われる。4日間の会期では、20万人超の来場者数を見込む。18日には、記者説明会とプレスプレビューが行われた。

CEATEC2020のWebサイト。入場登録は必要だが、無料で参加可能だ。決済に関連したブースは、決済に関連した展示は、沖電気工業、セキュア、日本ユニシス、富士通などが行っている

CEATECは、2000年に第1回を開催。デジタル見本市として発展したが、2016年に「IoT」と「共創」で未来の社会や暮らしを描く「Society 5.0の総合展」を宣言した。今年は、「CEATEC – Toward Society 5.0 with the New Normal(ニューノーマル社会と共に歩むCEATEC)」のスローガンのスローガンを掲げ、Withコロナ・Afterコロナに対応したソリューションやテクノロジーが紹介されるという。

展示エリアは、ニューノーマルテーマエリア、企業エリア、Co-Creation PARKの3つのエリアに分けられる。同エリアには、昨年の355社を上回る356社/団体(出展申込数)が出展。

開催規模を発表するCEATEC 実施協議会 エグゼクティブプロデューサー 鹿野 清氏

今回が初めとなるのは164社/団体となり、デジタルトランスフォーメーション(DX)をけん引する企業が多く参加しているそうだ。スタートアップ/大学研究機関出展者数は135社/団体が出展する。海外出展者は計71社/団体が参画した。

20日~23日までに回帰となるが、オンライン開催の特長を活かし、会期終了後もオンデマンドとして12月31日まで閲覧できる。

また、キーノートやパネルディスカッションなど、70を超えるコンファレンスを開催する。ニューノーマルをはじめ、5Gや学生向けのセッションを用意する。また、展示同様にコンファレンスも会期終了後の28日からオンデマンド配信を予定しているそうだ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP