飲食・物販で使える新たなサブスクチケット「EMotパスポート」発売(小田急電鉄)

2021年3月8日16:15

小田急電鉄は、2021年3月8日、MaaSアプリ「EMot」において、駅の利用時に飲食・物販で使える新たなサブスクリプションチケット「EMotパスポート」を発売すると発表した。

アプリ内事前決済で、非接触・スピーディーに駅ナカを利用できる(小田急電鉄)

「EMotパスポート」は、小田急線のターミナル駅を中心に選定した、そば、おむすび、ベーカリー、カフェ飲食、フラワーショップの合計44店舗での買い物に利用できる30日間の定額制チケットで、EMotオリジナルの商品となる。1回500円程のサービスを、事前購入したチケットをスマートフォン画面で提示し、都度決済の接触を省きキャッシュレスで利用できるという。

利用者は、EMotの「買う」タブからEMotパスポートを購入。店舗にて商品を選び、レジ・受け取りカウンター付近に掲出されているQRコードをEMotで読み込んで利用できる。表示されたアニメーション画面を店員に提示し、商品を受け取る。

飲食サービスは期間中、3時間間隔で何度でも使え、生花のチケットは有効期間中5回まで利用可能だ。初回は税込7,800円での販売となり、継続するとさらにお得に買うことができきるという。

また、「EMotパスポート」のサービスを気軽に試してもらうため、「1回券」「10回券」も同時に発売するそうだ。

料金は、EMotパスポートが初回7,800円、継続2回目が7,500えん、継続3回目以降が7,200円となる。また、EMotパスポート1回券が500円、EMotパスポート10回券が3,500円となる。

同社では、2019年10月から約1年間、移動と生活サービスを掛け合わせた新たなサービスニーズ検証等を目的に、新宿・新百合ヶ丘駅にて、そば、おむすび、ベーカリーの「飲食サブスク」の実証実験に取り組み、利用者の声をもとに商品造成の検討を進めてきたそうだ。

今回、飲食サービスの店舗やメニューの拡充に加え、さらに豊かな暮らしを提案するため、日常に彩りを添える日比谷花壇グループの花のサブスクリプションサービス「ハナノヒ」をEMot向けにカスタマイズして新たに提供することとした。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP