次世代決済ネットワーク基盤「aegise2.0」を発表(ルミーズ)

2023年2月28日10:00

ルミーズは、2023年2月28日、新サービスとして、次世代決済ネットワーク基盤「aegise2.0」を発表した。これまで、ルミーズの自社サービス向けに展開してきた非対面および対面決済の仕組みをブラッシュアップし、オープンなネットワーク基盤として、主にソリューションベンダーや決済端末メーカー向けに提供するそうだ。

「aegise2.0」のティザーサイトを公開(ルミーズ)

「aegise2.0」を起点として、豊富なAPIやSDKをオープンに提供することにより、各領域におけるデベロッパーは、独創性豊かな決済アプリを自在に構築することが可能になるという。基幹データとシームレスに連携することで、受注データと決済データの一貫性が保証され、これまで活用できなかった決済情報を活かした顧客体験価値の向上が期待できるとしている。次世代決済ネットワーク基盤「aegise2.0」のサービス提供は、2023年夏頃より開始予定だ。

対面でのクレジットカード決済では、かねてよりカード情報非保持化の観点から、決済端末との接続を加盟店システムと切り離して構築する「外回り接続」が採用されてきた。この方法により、読み取ったカード情報は安全に決済ゲートウェイまで送信されるというが、接続に異常が生じた際、決済データと受注データとの間に齟齬が生じる場合がある。一方で、「内回り接続」を採用する場合でも、PCI P2PE準拠や内回り11要件への対応はハードルが高く、導入がなかなか進まない現状があった。この状況を鑑み、ルミーズでは対面でのクレジットカード決済においても、オンライン決済と同様の「トークン」を使ったネットワーク基盤を構築し、この仕組みを開発者ファーストの視点でオープン化することを決定した。さまざまな領域のソリューションベンダーや端末メーカーなどの事業者にオープンに提供することで、多様化が促進し、次世代決済がより一層発展することを目指すそうだ。

アカウントはオンラインで即時発行し、APIリファレンスはwebですべて公開する。決済端末を使わずに、すべてのSDK、APIを疑似的に作業できる無償のテスト環境を用意し、開発者向けの決済端末も低価格で提供するという。

また、非対面決済との融合など、アプリを自在に開発してもらうため、REST APIを提供する。サーバ上で発生したイベントをWebhookで外部URLへリアルタイム通知することも可能だ。開発言語およびOS非依存で設計されているため、実現可能なソリューションのバリエーションが拡大するそうだ。

「aegise2.0」は、セキュリティを核に据えて設計されている。カード情報送信は外回り接続もしくはPCI P2PEソリューションで安全性を確保している。決済処理はトークンによる内回りで、加盟店システムとシームレスに連携し、受注データと決済データの一貫性を保証するそうだ。決済の安全性はルミーズによって担保されるので、事業者はセキュリティを意識せずに「aegise2.0」を活用していただけます。

ルミーズでは、次世代決済ネットワーク基盤「aegise2.0」の価値を最大化するため、「aegise2.0」に関連するさまざまな領域の事業者に向けて認知を拡大し、導入推進を図っていく。また、ソリューションベンダーに加え、決済端末メーカーに向けてもSDKをオープンに提供することで、端末側で独自アプリの開発が可能になる世界を目指す。これにより、決済ソリューションと決済端末の組み合わせが拡大し、次世代決済分野に新たなシナジーが創出することを期待している。

ルミーズ株式会社

〒384-0026
長野県小諸市本町 3-2-25 菱屋本町ビル(東京オフィス 〒107-0052 東京都港区赤坂1-7-1 赤坂榎坂ビル5F)
私たちルミーズ株式会社は、決済代行サービスを基盤に、“Payment SIer”として、あらゆる決済に関するシステム構築を手がけてまいりました。特にPCI P2PE認定では、国内No.1の実績を誇り、PCI P2PEソリューションを構築する際に必要な全てのプロセスを「aegise P2PE Framework」で提供します。ルミーズが蓄積した多くのノウハウで、貴社のビジネスを安全かつ強力にサポート。決済のことならまずはルミーズへお問合せください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

シームレスなBtoB決済を実現!インフキュリオンの請求書支払いプラットフォーム(インフキュリオン)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP