「銀聯ネット決済」において新たな認証スキームを導入(三井住友カード/ベリトランス)

2012年5月14日20:19

三井住友カードと、決済代行事業者のベリトランスは、2009年より提携し提供を行っている中国本土向けのインターネット通販に向けた銀聯カード決済に、新たな認証スキーム「UnionPay Online Payment(UPOP)」を導入したと発表した。その第一弾として、2012年5月14日にベリトランスが企画・運営する中国人消費者向けインターネットショッピングモール「佰宜杰.com(バイジェイドットコム)」内で、UPOPの利用を開始する。

UPOPは、中国銀聯が開発したオンライン決済のプラットフォームで、「eBank-Pay」「Veri-Pay」「Express-Pay」「Pre-Pay」の4つの中から銀聯カード会員がいずれかを選択できるのが特徴だ。

eBank-Payは、銀聯カード発行銀行のインターネットバンキングシステムへ接続して決済を行う方式となり、従来の銀聯ネット決済プラットフォーム「CUPSecure」と同様の機能を提供するという。

また、Veri-Payは、カード情報(カード番号、有効期限等)に加え、携帯電話番号とワンタイムパスワードを活用した決済方式となる。Express-Payは、UPOPにカード番号を含めた銀聯カード登録を行い、UPOPから発行されたIDとパスワードを用いて決済を行う仕組みである。最後に、Pre-Payは銀聯プリペイドカードによる決済方式となっている。

今回のUPOPの導入により、ネットバンキング方式(従来のCUPSecure)に加えて新たに3方式での決済が可能となり、銀聯カード会員の利便性が格段に向上することが見込まれると両社では期待している。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

加盟店でのレジ係トレーニング用のテストクレジットカード発売開始。 ターミナルの設定確認にもご利用いただけます。(FIME JAPAN)
【7/8(水)無料開催】セキュリティ対策Webセミナー「ニューノーマルにおけるサービス・業務の非対面化 ~顧客を守る・会社を守るセキュリティの要点~」(セイコーソリューションズ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP