オープンAPIのコンセプト、メリット、プロバイダーは?

2020年1月23日8:00

レポート「世界の決済イノベーション市場要覧」の「キャッシュレスのための送金とペイメントのイノベーション」(第1章)では、カテゴリ別の世界の主なペイメントイノベーション事業者(日本を除く)と国別の世界の主なペイメントイノベーション事業者(日本を除く)のリスティングを行っている。今回は、その中からAPIのコンセプトとメリットについて紹介する。

・オープンAPIのコンセプト

API(Application Programming Interface)とは、もともと15年から20年前にエンタープライズシステムやSOA (Service-Oriented Architecture)の時代に開発されたもので、さまざまなシステムやアプリケーションが互いに通信し、処理やデータを共有できるソフトウェアツールである。初期の頃のAPIは、主に内部集中型で、独自仕様で標準化されていなかったため、外部の世界にはアクセスできず、それらにリンクするにはかなりのカスタマイズ作業が必要とされていた。しかし、今日ではオープンAPIの出現により、それらの役割と重要性は全く新しいレベルに拡大している。

※画像はイメージ

かつては他行との差別化を図るため、銀行は自社のサービスと技術ポータルの強さをめぐって互いに競争し、最近まではほとんど常に自行内で開発され、所有され、管理されてきた。しかし、現在では、差別化の基盤が他の2つの基準に移行している。その1つは、コアトランザクションバンキングサービスと料金である。フロントエンドの次に、サードパーティがこの統合を実現できるようにするために提供しているオープンAPIのクオリティである。これに関連して、APIのクオリティは、それらが共有できる情報の正確性、適時性および包括性にかかっている。

こうしたオープンAPIの開発者は、複数のベンダーの複数のAPIを利用して既存のシステムに新しいユーティリティを素早く簡単に接続できる。テクノロジーやソーシャルメディアなどの業界では、オープンAPIが急速に普及している。

・オープンAPIのメリット

銀行向けのオープンAPIにより、銀行のサービス、価格、顧客の利用に関する情報にアクセスできるようになるので、顧客固有のニーズに合わせた新しいサービスを提供することができるようになる。かつて銀行は顧客が自分のサービスにアクセスするためのチャネルとアプリケーションを構築、所有、管理してきたが、オープンAPIを使用すると、サードパーティのデベロッパーは銀行のシステムにアクセスし、顧客が使用するための独自のチャネルとインタラクティブ画面を構築することができるようになる。その結果、顧客は銀行が設定しておらず直接制御することができないポータルを通じて、銀行取引や口座を確認および管理することができるようになる。

銀行向けのオープンAPIは、単一のアプリケーションを通じて、オンラインバンキングサービスやモバイルバンキングサービスの顧客が複数のプロバイダーとの間で保有するアカウントを管理できるようにすることで知られている。また、オンラインで当座預金口座と預金口座間での資金の移動を行い、当座貸越費用を回避したり、より高い利子の支払いから利益を得たりすることもできる。顧客に顧客自身の使用パターンに合わせ、簡単で、安全で、信頼できる価格とサービス品質の比較をさせることができる。

・オープンAPIプロバイダーは?

PayPal傘下のBraintree、Dwolla、Stripe、Wirecard、Adyenなどの「ペイメントゲートウェイAPIプロバイダー」、Xignite、Zerodhaなどの「トレーディングAPI」、Yodlee、Truliooなどの「認証/検証API」、Uphold、PayCommerceなどの「送金API」、Kontomatik、Fidor、Figoなどの「データ集約API」といったさまざまな銀行のAPIプロバイダーは、金融サービス業界のさまざまな分野に対応するソリューションを構築する機会を拡大している。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP