南海電鉄 改札でVisaのタッチ決済で利用区間支払い、QRコード活用の入出場を検証

2021年4月5日15:01

南海電鉄は、2021年4月3日から「Visaのタッチ決済」の実証実験を開始し、4月15日からQRコードで改札を通過できる「南海デジタルチケット第1弾(時差通勤応援きっぷ)」を発売する。4月2日には、報道陣に同取り組みを公開。Visaのタッチ決済で利用区間の運賃支払いは国内初、QRコードを利用した改札の入出場は南海電鉄として初の取り組みだ。

VisaカードやGoogle Payで改札通過が可能
実運用に向けては三重投資が課題に

南海電鉄が開始した実証実験では、16駅・32改札でVisaのタッチ決済の区間利用が可能だ。利用者は、Visaのタッチ決済対応カード(リップルマークの付いたVisaカード)、もしくはGoogle Pay対応のスマートフォンにより改札の入場、退場が可能になる。日本のGoogle Payでは、Visaのタッチ決済に対応可能なカードは限られるが、例えば今回アクワイアリングを担う三井住友カードの発行カードではVisa LINE Payプリペイドカード、スマートフォンアプリ「Vポイント」で利用可能だ。また、GoogleのWebサイトによると、国内のGoogle Payでは、Visaデビット(PayPay銀行)、Sony Bank WALLET(ソニー銀行)、りそなデビットカード等(りそなグループ)、三菱UFJ-VISAデビット(三菱UFJ銀行)、北國VISAデビットカード等(北國銀行)、Revolut スタンダード デビットカード等(Revoult)が利用できるようだ。

実証実験の概要について説明する南海電鉄 鉄道営業本部 統括部 課長補佐 藤原隆行氏

また、南海アプリ上で「南海デジタルチケット」を事前購入し、スマートフォンにQR コードを表示して入場時と出場時に改札機へかざすことにより改札通過を可能にする仕組みも運用を行う。こちらは、4月15日から発売を開始するが、5 月、6 月、7 月に利用可能だ。

南海デジタルチケットのQRコードはワンタイムの仕組みを導入し、発行から有効時間内であれば改札通過が可能だ

実証実験では、2つの改札の仕組みを採用している。1 つは高見沢サイバネティックス製の電動ゲートだ。主にビルの入退ゲートで使われているが、「鉄道業界では初めて採用させていただいています」と、南海電鉄 鉄道営業本部 統括部 課長補佐 藤原隆行氏は話す。

電動ゲートは上部にVisaのタッチ決済、手前でQRコードの読み取りが可能

また、日本信号のポール型読み取り機とオムロン製の改札機を連動させた仕組みも採用。南海電鉄 鉄道営業本部 統括部 課長 辻本教秋氏は「8か月間の実証実験を通じて実運用が可能かどうか見極めたい」としている。QUADRACが管理するクラウドセンターとの通信は携帯回線網で行うが、「通信環境が良くないところでも実用可能かを検証したいです」と辻本氏は話す。

なお、仮に実証実験後、Visaのタッチ決済やQRコードの仕組みを改札に採用した場合、従来の交通系ICカードの仕組みと合わせると三重投資となるが、「今後の社会情勢を見据えて、どういったシステムが求められるのかを決定したうえで考えたいです」と辻本氏は述べた。

ポール型読み取り機と改札機を連動

なお、南海電鉄では、中国のモバイル決済サービス「Alipay」と「WeChat Pay」の支払いを一部の駅窓口で導入しているが、QRコードによる利用区間での支払いに関しては具体的な検討は行っていないそうだ。

処理にかかる時間は?スマホのタッチ決済の方が処理速度は速い
タッチ決済とQRの情報はQUADRACのクラウドセンターで処理
三井住友カードは新たな取り組みを積極的に始める会社と自負

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP