Stripeがコンビニ決済と請求書払いに対応へ、「Payment Links」は国内事業者に好評

2021年7月13日10:00

ストライプジャパン(Stripe)は、2021年7月8日に日本での取り組みと新たに提供するサービスを紹介するメディアセッションを行った。当日は、ストライプジャパン共同代表のダニエル・ヘフェルナン氏がオンライン経済の最新トレンドと決済における課題Stripeの日本でのプロダクト開発・展開戦略、そして2021年下半期のプロダクト・ロードマップを紹介した。

ストライプジャパン共同代表のダニエル・ヘフェルナン氏

アジア太平洋地域では7万2,000事業者強をサポート
越境ECでも各国に特化したインフラを活用可能

パンデミックの影響は世界経済に大きな影響を及ぼしているが、一方でオンライン決済は成長が見られた。Stripeの実績として、アジア太平洋地域では7万2,000事業者強の新しいビジネスがオンライン化しており、売り上げも$2.4ビリオン強(2,600億円規模)となった(国内の事業者や売上は非公表)。同社では、コアの決済ビジネスに加え、標準搭載する不正検知「Radar」、マーケットプレイス向けの「Connect」などを提供している。「ソフトウェアレイヤのラインナップが幅広くあることに加えて、各国のインフラの整備がセットになっています」(ヘフェルナン氏)。コロナ禍でECのトランザクションは増えたが、国内ECでの不正は大きな変化みられないとした。

Stripeは、2016年10月に三井住友カードと提携してオンライン決済サービスの国内提供を開始した。2018年5月には、ジェーシービー(JCB)とグローバル提携に関する覚書を締結しており、JCBブランドの決済を国内および海外で提供している。日本に特化したインフラを構築してきたが、約40カ国でサービスを作りこんでおり、「日本企業がストライプで国際展開する時にも各国に特化したインフラを活用できます」とヘフェルナン氏は話す。

多通貨決済、標準の不正検知を提供
マーケットプレイス、国内サポートも強化

国内の競合企業ではマルチ決済を売りにしている企業もあるが、後発の同社が同様の方法で戦うよりも別の強みを生かす方法があると考えたそうだ。

1つが越境ECだ。Stripeでは、Amazon、Google、Facebook、Shopify、Zoom、Slack、Salesforceといったテクノロジー企業の多くのビジネスをサポートしている。多通貨決済の仕組みを構築しており、標準の不正検知「Radar」を機械学習で提供している強みがある。

2つめは、フリーマーケットやシェアリングエコノミーのトレンドがあったため、マーケットプレイス向けの「Connect」を国内でも提供している。

3つめは、日本はサポートの期待値が高く、サポートチームの構築に注力。日本で初めて採用したメンバーはサポートチームとなった。ヘフェルナン氏は「ユーザー目線で一緒に考えて課題を解決するスタイル。パートナーとして一緒に伸びる考えです」と説明する。国内の特殊性として、漢字、かなの対応、洗い替えシステム等の開発を行ってきた。

様々なビジネスに適したソリューションスイート

国内企業に根強いコンビニ決済、請求書払い
リンク型支払いサービス「Payment Links」追加

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP