オンラインプリペイドカードのさらなる普及に向けた注目ポイントは?

2013年7月17日8:30

オンラインプリペイドカードのさらなる普及に向けた注目ポイントは?

オンライン上のサーバでバリューを管理し、ネットワーク経由でサーバにアクセスし、金額をチャージするオンラインプリペイドカードが国内でも着実な普及を見せている。今後、国内でさらに浸透させていくための注目ポイントとはいったい何なのだろうか? ペイメントナビ編集部としてのポイントをまとめた。

①ブランドプリペイドのリアル加盟店での浸透

国内のブランドプリペイドの問題として、バッジで処理されているケースも多く、フルオンラインになっていない加盟店があることが挙げられる。そのため、国内のイシュアが発行するブランドプリペイドカードは、海外専用カードやインターネット限定のカードが現状多くなっている。

クレディセゾンではココカラファインと提携し、国内で初めてリアル加盟店で利用できる「ココカラクラブカード」の発行を開始(出典:クレディセゾン)

すでにクレディセゾンが、ココカラファインと提携し、国内で初めてリアル加盟店で利用できるカードを発行(参考記事)しているが、今後は他のカード会社も後に続くと思われる。当面は継続決済、高速道路といった、不正リスクの高い加盟店での利用を制限すると考えられる。また、2013年8月から「ライアビリティーシフト」(債務責任の移行)のルール変更により、仮に不正利用が起こった際のイシュアの責任が緩和される点も普及を後押しするだろう。

②デジタルコンテンツ以外のモールでの売り上げ増加

現状、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどのギフトカードモールでプリペイドカードが販売されているが、その多くの売上はデジタルコンテンツ系のカードが中心となっている。例えば、あるコンビニエンスストアでは、ショッピングモール系のカードが販売されているが、最近は見かけるケースが少なくなった。

ファミリーマートの雑誌コーナーでPOSA技術を活用したプリペイドカードを発行(出典:2012年10月30日のファミリーマートのプレスリリース)

今後は、デジタルコンテンツ系のカードに加え、ショッピングモールや電子書籍、ギフトカードなどのカードが数多く販売される環境が整うことに期待したい。最近では、コンビニエンスストア各社も什器の面積を拡大するなど、プリペイドカード販売を強化する動きを見せていることから、すそ野が広がる可能性は高いと言えそうだ。

③ギフトカードの売上拡大

国内でも数多くのオンラインプリペイドカードが販売されているが、現状、数多く利用されているのはリチャージタイプのプリペイドカードとなっており、ギフトカードの売上はそれに比べ苦戦している感が否めない。

例えば、髙島屋では、「タカシマヤギフトカード」を2007年4月19日から、「百貨店ギフトカード」を2008年11月から導入しており、百貨店の中でもギフトカードについての取り組みは先行しているが、それでもタカシマヤギフトカード商品券全体のシェアは2.36%、百貨店ギフトカードの商品券全体のシェアは0.86%にとどまっている(参考記事)。

今後は、クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデー、母の日、誕生日などのイベントに数多くのギフトカードが利用されるための認知度アップが期待される。

④リチャージカードの囲い込みツールとしての新たな活用

国内でもコーヒーチェーンやスーパーマーケットなどでリチャージタイプのプリペイドカードを発行するケースが増えてきた。リチャージサービスで成功している企業のなかには、ポイントや割引サービスなどと組み合わせて運用しているところも多い。

これまで累計600万枚以上のカードが発行されている「スターバックス カード」(出典:スターバックス コーヒー ジャパン)

今後の新たな取り組みとして編集部が注目するのは、プリペイドを簡単にチャージできる環境の整備、そして、モバイル対応だ。例えば、スターバックス コーヒー ジャパンでは、「My STARBUCKS」会員専用サイトから、同カードへのクレジットカードでのチャージを実施。顧客の入金の手間をなくすことで利便性を向上し、繰り返し利用してもらうことに力を入れている(参考記事)。

また、モバイル対応としては、QRコードやバーコードを活用したプリペイドカードサービスを国内のASP数社が開発している。今後は、既存のカードと併用して導入することで、アプリケーションの提供やメール配信などと合わせた展開を行い、顧客ロイヤルティを強化する加盟店が増えると思われる。

※TIプランニング ペイメントナビ編集部では、7月23日に有料セミナー「オンラインプリペイドカンファレンス~普及が加速するオンラインプリペイドカード最前線」を開催します。セミナーでは、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、クレディセゾン、インコム・ジャパン、ファミリーマート、スターバックスコーヒー ジャパンによる講演が行われます。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

加盟店でのレジ係トレーニング用のテストクレジットカード発売開始。 ターミナルの設定確認にもご利用いただけます。(FIME JAPAN)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP